カテゴリー: 書籍・雑誌

万葉集と中島みゆき

2019年5月1日から始まる日本の新元号「令和」の出典と発表されたことがきっかけで、万葉集がちょっとしたブームになっているという。 出典とされたのは、万葉集巻5の梅花の歌32首 (さらに6首を追加) の序。天平2年 (7…

全文を読む

「野球」と「記憶」――夜会『ウィンター・ガーデン』と『博士の愛した数式』

夏の甲子園での高校野球が始まると、野球好きの血が騒ぐ。 私自身は生来の運動音痴で、もっぱら「観る」方の立場ではあるが――高校野球にせよプロ野球にせよ――野球にまつわるさまざまな記憶は、これまでの人生の節目節目に、かなり濃…

全文を読む

歌うことと語ること

今年に入ってから俄かに身辺が慌しくなり、夜会「2/2」大阪公演以降、3ヶ月もの間、ブログの更新をさぼってしまった。 この間、5月14日からは「歌旅」劇場版の上映があり、また5月21日は――中島みゆきと直接関係はないが、夜…

全文を読む

果しなき流れの果に

2011年7月26日、SF作家・小松左京が世を去った。 ひとつの時代が終わったな、という思いが強くする。東日本大震災という、おそらくは戦後最大の災厄を日本が経験した年に、 この人が世を去るのも、なんだかとても必然的なこと…

全文を読む